お盆の起源と地域によって異なる行事とは?

お盆一般的には、お盆と言いますが、仏教行事の「盂蘭盆会(うらぼんえ)」を省略して呼ばれているものです。

釈迦の内弟子・目連は、亡くなった母親が餓鬼道に落ちて苦しんでいる姿を見つけました。なんとか母を助けたいと思った目連は、釈迦の教えに従って7月15日に供養をしたところ母親を救うことができました。このことから始まった先祖供養が、盂蘭盆会=お盆の起源という説があります。

お盆は、この『7月15日前後』に行う地域もあれば、7月15日の現在の暦にあたる『8月20日前後』、7月15日の月遅れ1カ月後の『8月15日前後』と、地域によって時期は異なりますが、全国的には8月15日前後にお盆行事を行う地域が多いようです。

お盆行事には、お墓参りや灯篭流し、盆踊りなどさまざまあります。

これも地域によって慣習が異なりますが、おもなものをいくつか挙げてみましょう。

迎え火・送り火

13日にお墓参りに行き、玄関で迎え火を焚いて仏さまをお迎えします。炮烙(ほうらく)という素焼き土器の上に、麻の茎を干した苧殻(おがら)を置いて燃やして拝みます。

送り火は、16日の夕方同じように苧殻(おがら)を焚いて合掌し、仏さまを送ります。

各地で行われる大文字焼きは送り火のひとつです。

精霊馬

精霊馬仏さまは馬に乗って早くいらしていただき、帰るときは、ゆっくり牛に乗ってお帰りいただくという意味で、キュウリで馬を、ナスで牛をつくります。苧殻を挿して脚に、尻尾はトウモロコシのヒゲを付けます。馬は家の中向きに、牛は家の外向きにして玄関先に置きます。

灯籠流し

灯籠流し小舟に灯籠を乗せてろうそくに火を灯し、川や海に流します。仏さまをお送りする送り火と同じ行内です。

盆提灯

盆提灯仏さまの霊が自宅に帰ってくるときの目印のためお盆の間、盆提灯を飾ると言われています。吊り下げタイプや置き型タイプがあります。灯籠が回り灯りをともせるようになっているものもあります。身内が亡くなって初めて迎えるお盆を新盆(にいぼん・しんぼん)、または初盆(はつぼん)といい、この場合は絵柄のない白い提灯を使用します。

盆踊り

盆踊り現代では、盆踊りは夏のお祭りのようになっていますが、もともとは仏さまを供養し、おもてなしするための踊りでした。鎌倉時代の僧・一遍上人は、「踊り念仏」といい、踊りながら念仏を唱え全国を伝道しました。一遍上人が訪れた地域では、盆踊りが今も盛んと言われています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする