検索している人の気持ちを読み取る

アフィリエイトで重要なこと、それは、
”そのキーワードで検索している人の「心」や「気持ち」を読み取ること“
です。

ユーザー目線になれるか、なれないか

アフィリエイトの成果に結びつくには、検索する人のタメになる記事の作成や情報発信ができるかどうかです。

それには「ユーザー目線」が重要です。
記事を読む人を想像して、ユーザー目線になって書けるかそうか。

これができるかどうかで”稼げる”か”稼げない”かの違いが出ます。

これが出来ている記事なら、どんなにGoogleの検索アルゴリズムが変化しても、評価が上がることはあっても、下がることはありません。

Googleはコンテンツ重視(記事の中身)になっています。

今までの、「まず商品やサービスを決める」という発想から、「どんな人がどんな目的で、そのキーワードを使うのか?、何を求めているのか?」という発想に切り替えが必要です。

どんな人に読んでもらいたいのか

ただ、最初から「キーワード」にこだわり過ぎると、上手く行かない事もあります。

悩まず、まずは手を動かしましょう。

「キーワード」には、検索している人が、思っている事や考えている、いわゆる「心」や「気持ち」が現れます。

あまりキーワード選定を難しく考えず、自分の書こうとする記事を「どんな人に読んでもらいたいのか」というユーザー目線で考えるようにします。

あとは、「その記事の中に有効なキーワードが含まれていればラッキー!」的に思うことにします。

そうでないと、多くの人が失敗する「有効なキーワードを使って稼ぐ」的なオーラが出てしまい、結果的に読まれないものになり、稼げない。
という本末転倒になってしまう気がします。

キーワードを意識しすぎるあまり、記事作成がつまらなくなり、書くのがおっくうになってしまうことだけは避けるようにしましょう。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする