日本でも定番となったハロウィンのイベント

日本でも定番となったハロウィンのイベントですが、英語のスペルは、Halloween または Hallowe’en と書きます。
正確には、All Hallow’s Even の短縮語で、「諸聖人の祝日の前夜」の意味です。

ハロウィンには2000年以上の歴史が!

現在はお祭り的な楽しいパーティイベントになっていますが、起源は2000年以上前にさかのぼる古い歴史があるものです。

ハロウィンは、そもそもは古代ヨーロッパの先住民族であったケルト人の宗教的な風習でした。

ケルト人は、新年の始まりを11月1日としており、この前の晩、日本で言えば大晦日にあたる10月31日の夜は、死者の霊とともに悪霊もこの世に降りてきて人々に災いをもたらすと信じられてきました。

そこで、この日は、魔除けの火を焚き、仮面をかぶって、死者の霊から身を守っていたと伝えられています。

日本のハロウィンは若者の仮装大会に変貌

それが長い年月を経て、イギリスやアメリカに伝播し、日本に伝わって、宗教色はまったくない現在の賑やかな楽しいイベントに変化していったのです。

日本でハロウィンがこれほど盛んになったのはここ数年のことで、10年前は今のように、渋谷の街に仮装した若者が繰り出すような光景はありませんでした。

ハロウィンと言えばオレンジのおばけカボチャ

ハロウィンと言えば、オレンジのカボチャに目・鼻・口をくりぬいて中にろうそくを立てたオバケのちょうちん、「ジャック・オー・ランタン」を連想します。

本来はこのジャック・オー・ランタンは、玄関などに置いて、悪霊を追い払うためのものでしたが、今では、ハロウィンのシンボルになっていますね。

そして、もともとはカボチャではなく、カブを用いていたようです。

いまや現代人は、ケルト人が追い払おうとした悪霊=オバケや魔女などに仮装してハロウィンを楽しんでいます。

オバケに扮した子ども達が「トリック オア トリート!(Trick or treat.)」(お菓子をくれないといたずらするよ)というおなじみの台詞で、お菓子をもらえるのもお楽しみのひとつですね。

日本のハロウィンの特徴は仮装する楽しみ

ハロウィンにおける大きな特徴に、仮装する楽しみがありますね。
いわゆるコスプレです。

かつては一部のマニアが楽しんでいたコスプレですが、趣味の一環として多くの人が楽しむようになってきました。ハロウィンは、気兼ねなく誰もが仮装できる格好のイベントでもあります。

コスプレにチャレンジできる良い機会かもしれません。
お近くの地域でハロウィンの仮装パレードがあれば参加してみてはどうでしょうか。

近年は、通販をはじめ、ショップにもハロウィンの衣装や、メイク、アクセサリーが種類豊富に揃っています。子ども用が女性用だけでなく、男性用やワンちゃんなどのペット用まで揃っています。

あらためて、ハロウィンもメジャーイベントになったなと感じます。

どんな仮装のコスチュームが販売されているかというと、

ジャック・オー・ランタン
ドラキュラ
ゾンビ
悪魔
魔女
海賊
モンスター、といった定番の悪役から、

その悪役たちから助けられるという設定でしょうか、

アナと雪の女王のキャラクターのような
お姫様や
妖精といった
仮装コスチュームも人気です。

自分で手づくりしたり、市販の洋服や小物を調達して組み合わせたりして、
仮装の人物になりきるこだわり派もいらっしゃいます。

こうしてハロウィンの仮装のために、洋服を買ったり、雑貨を買ったり、
仮装パレードに出かけて行ったりすることは、イレギュラーな出費になりますから、
大きな経済効果を生みます。

有名なところでは毎年神奈川県川崎駅前で開催されている「カワサキ・ハロウィン」があります。

国内最大規模と言われているハロウィンイベントは、すでに1990年代後半から実施されていて、3000人以上が仮装パレードに参加しています。そしてその仮装パレードを観るために、10万人以上も集客があるとか。

ハロウィンの仮装をうまく地域活性に活かした好例ですね。

ハロウィンメイク

ハロウィンのメイクは、思いっきりド派手にはじけて、そのキャラクターになりきるのがイチバン!

そうなると、一般のメイク用品では、
口から血を流したドラキュラだとか、
毛むくじゃらのオオカミ男、などを表現することは難しいですね。

近年は、こうした特殊メイクができるさまざまなグッズが市販品として
品揃えが充実しています。

フェイスペイント・ボディペイント

顔やボディにペイントするために、フェイスペイントやボディペイントと呼ばれるペンタイプや絵の具タイプの専用ペイントが販売されています。
一般用なので、塗りやすく、そして落としやすくなっています。

自作タトゥシート

ペイントがうまく描けない、あるいは面倒という方には、
描きたいと思った絵柄をみつけて、専用タトゥシートに自宅のインクジェットプリンタで印刷する方法があります。タトゥシールなので顔や体に貼るだけでとっても簡単です。

カラーヘアスプレー

髪の毛にスプレーで簡単に色を付けられます。
金髪から赤、グリーン、黄色、紫、シルバーなどカラーバリエーションも豊富です。

白粉

顔を真っ白に白塗りにする時には欠かせない、練白粉です。

お歯黒

歯を黒く塗るお歯黒用のペイントもあります。

メイクアップパテ

立体的な傷の跡や、付けあご、付け鼻、付けエラなどにする時、パテを使います。

お面・かぶりもの

お面やかぶりものであればメイク要らず。怪人風のマスクや、まるで本物みたいな本格フェイス、スターウォーズなど有名な登場人物などのマスクも販売されています。

かつら

金髪や爆発ヘア、レインボーアフロなど、よりどりみどり。

もちろん、舞台用に作られているいわゆるドーランや血糊もあります。
一度仮装メイクをしたら、やみつきになってしまうかもしれませんよ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする