二百十日とは?

二百十日(にひゃくとおか)は、雑節(ざっせつ)のひとつで、立春を1日めと起算して210日後の日のことです。

おおよそ9月1日~2日になります。

二百十日は厄日・荒れ日の目安

この時期は、台風が襲来するシーズンとなり、同時に稲が穂を出し始める時期でもあります。昔から二百十日は厄日・荒れ日の目安として、台風によって収穫前の大事な作物に被害が及ばないよう警戒されてきたのです。

雑節とは、二十四節気のほかに、季節の変化の目安とする暦の上の特定の日のことです。
雑節は、二百十日を含めて以下の9つがあります。節分や彼岸など馴染みのある行事も雑節なのです。
1. 節分
2. 彼岸
3. 社日
4. 八十八夜
5. 入梅
6. 半夏生
7. 土用
8. 二百十日
9. 二百二十日

「おわら風の盆」に代表される風祭り

二百十日前後には、農作物を風の害から守るために祈願するお祭りが各地に残っています。風祭り、あるいは、風祈祷、風日待ち、風防ぎなどいろいろな名称で伝承されています。

富山市八尾で9月1日から3日に行われている全国的に有名な「おわら風の盆」も風祭りの一種です。

日本海側のこの地域では、「だし」または「だし風」と呼ばれる、山から吹き下ろす強風が発生するため、特に熱心に行われていたことが今日につながっているようです。

統計的には、二百十日にあたる9月1日に台風が来襲したことは、昭和20年代以降では昭和24年の1度のみです。実際には、台風の特異日とされているのは、9月16日と9月26日です。

昭和34年の9月26日には、明治以降、史上最強の伊勢湾台風が和歌山県に上陸し、全国に大きな被害をもたらしました。

死者・行方不明者は5000人超、室戸台風(昭和9年9月21日)、枕崎台風(昭和20年9月17日)とあわせて昭和の三大台風に挙げられています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする