9月1日が防災の日になったのはなぜ?

9月1日は防災の日です。

さらに、2日前の8月30日から9月5日まで1週間は、防災週間と定められています。

防災の日は、台風や津波、地震等の災害について認識を高め、災害への心構えをする目的として、昭和35年(1960年)に制定されました。

関東大震災と防災の日

なぜ9月1日になったのでしょうか?

それは、関東大震災が発生したのが、1923年(大正12年)9月1日であるからです。

関東大震災は、9月1日の11時58分に発生、神奈川県相模湾北西沖80kmを震源としたマグニチュード7.9、最高震度7の巨大地震で、10万5千人もの死者を出しました。

この大惨事を忘れずに防災への教訓とするためです。

また、9月以降は、台風が多く襲来する季節に入り、一層の注意が必要であるからという側面もあります。

暦の上でも二百十日(立春から数えて210日め)にあたり、昔から荒天に気をつけなければならない厄日と言い伝えられてきました。

防災の日が定められた昭和35年の前の年、昭和34年9月26日には伊勢湾台風が発生しました。

この台風は史上最強クラスとされ、死者約4700人、行方不明者約400人、全半壊・流失家屋15万戸超と、日本の戦後最大の被害をもたらしました。

ゲリラ豪雨の増加

近年では、平成23年9月台風第12号による紀伊半島大水害では土砂災害、河川の氾濫などが発生し、死者は70名、行方不明者は15人にのぼる甚大な被害をもたらしました。

平成26年8月20日の広島市の土砂災害では、局地的な短時間大雨によって同時多発的に大規模な土石流が発生し、死者74人にのぼりました。

ゲリラ豪雨と呼ばれる1 日の降雨量が200 ミリを超えた日数は、この30 年間で1.26倍になったそうです。今後将来はさらにその傾向が高まるとの研究報告もなされています。

台風シーズンに備えた制定された9月1日の防災の日ですが、最近は、台風シーズンと言われる9月以外の時期でも台風が上陸する可能性が高まっており、通年を通して防災の備えをしていくことは重要ですね。

ちなみに「防災」という言葉が広辞苑に掲載されたのは、昭和44年と比較的新しく、昭和30年の初版本には載っていないそうです。

(出自:東京消防庁 消防雑学事典より)

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする