十五夜の意味と由来

十五夜とは、旧暦の8月15日に満月のこと

十五夜

十五夜は、旧暦の8月15日に満月のことです(正確には満月ではないこともあります)。

現在の暦では毎年9月中旬~10月上旬頃になります。

なお、十五夜は、8月15日の十五夜ばかりではなく、毎月の十五夜の月の意味でも使います。8月15日の十五夜は区別して中秋の名月と言います。

この中秋の名月、十五夜の頃は、収穫を迎える時期でもあり、お月見をしながらお月さまに秋の収穫を感謝し、収穫した里芋などの芋類をお供えします。それゆえ「芋名月」とも呼ばれます。

里芋は稲作が始まるもっと前、縄文時代から栽培され、古代人の主食でした。

ちなみに、東北などで秋に芋煮会と称される里芋の入った鍋料理を食べる行事は、本来収穫に感謝する意味があります。

月は1年中出ているものの、秋に月見をする慣習ができたのはなぜでしょう。もともとは中国から伝わったものですが、欠けていないまんまるの月を豊穣の象徴として、秋の実りに祈りを捧げる祭事がこの季節に行われるようになったのではないかと言われています。

秋は、「秋澄む」という言葉があります。これは、湿り気のある夏の空気に変わって、上空に冷たく乾燥した空気が流れ込み、チリが落ちて透明度が増すからです。澄んだ空気では、冴え冴えと月もきれいに見えるのです。

ですが、実は月は、月自体が光っているのではなく、太陽の光を反射して輝いているのです。

地球からみて、月と太陽が同じ方向にあれば、月は見えません。つまり新月です。

逆に、月と太陽が反対方向にあれば満月になります。

旧暦の8月15日が十五夜ですが、この日の夜は、お月さまに月見団子や芋、お酒やすすきなどをそなえ、お月見をする風習があります。もともとは、中国から伝わったもので、中秋節や芋名月とも呼ばれます。

なぜ「十五」夜なの?

ところで、なんで「十五」夜なのでしょうか。

月は、地球上から見ると、形を変えて満ち欠けを繰り返していますね。

新月(新月とは、太陽と月が重なって月が見えなくなった状態)から

三日月→上弦→満月

そして、→下弦→新月に戻ってきます。

この新月から新月までの日数がおよそ29.5日で、1カ月のもとになっています。

新月から満月になるまでの日数が15夜目。そこで、満月が十五夜になるのです。

十五夜以外にもそれぞれ呼び名があります。

<1日目>

新月の時を1日目として数えます。

新月は、朔(さく)ともいいます。

1日のことを“ついたち”と言いますが、朔日(さくじつ)と書いて、ついたちとも読みます。

<3日目>

3日目は、三日月(みかづき)です。

実際には、三夜だけでなく、新月から上弦、下弦から新月の広い範囲の月相で、三日月と呼ばれていますね。

<7日目>

上弦の月(じょうげんのつき)、弓を張ったように見えることから、弓張月(ゆみはりづき)とも言われます。また、丸い月の半分が見えていることから半月(はんげつ)とも言います。

<13日目>

お月見というと十五夜が有名ですが、13日目の十三夜(じゅうさんや)もお月見をする風習がありました。ただし、このお月見の十三夜は、旧暦8月15日のあとに巡ってくる旧暦9月13日のこと。

十五夜にお月見をしたら、必ず十三夜にもお月見をするものとされていました。十五夜だけ観賞するのは「片月見」といって縁起が悪いとされていました。

<14日目>

十五夜の満月の前夜は、小望月(こもちづき) と言います。

満月は、望月(もちづき)とも言うので、その一歩手前という意味での小望月なのでしょう。

また、待宵の月(まつよいのつき)とも呼ばれ、翌日の満月を心待ちにしていたことがうかがえます。また、十四夜(まつよい)とも言います。

<15日目>

十五夜は、満月(まんげつ) あるいは望月(もちづき)と言われます。

<16日目>

十六夜と書いて、“いざよい”と読みます。

いざよいとは、ためらうという意味で、月の出が十五夜より少し遅くなるため、昔の人は、月がためらっているように感じて、名付けられたのでしょう。

また、夜が明けてもまだ沈まずにいる様子から、有明の月(ありあけのつき)とも呼ばれます。

<17日目>

月の出がだんだんと遅くなり、「いまかいまかと立って待つうちに月が出る」と言われたことから、立待月(たちまちづき)   と言われるようになったとか。現代でも使われている、忽ち(たちまち)の語源でもあります。

<18日目>

立待月よりもさらに月の出が遅くなる18夜目は、「座って待つ月」=居待月(いまちづき) とされました。

<19日目>

居待月よりももっと月の出が遅くなると、寝待月(ねまちづき) 。あるいは臥待月(ふしまちづき)とも言われました。月が出る時刻はおよそ午後9時頃だそうです。

<20日目>

20夜目にあると、更待月(ふけまちづき)、または二十日月(はつかづき)と呼ばれます。月の出は午後10時頃なので、夜更けというには早いような気がします。

<23日目>

23日目は半月、下弦の月(かげんのつき)になります。

上弦の月、下弦の月とも半月なので、半月を見た時に上弦の月、下弦の月どちらなのかわかりにくいですが、夜、南から西の空にかけて見えたものはおそらく上弦の月です。一方、下弦の月は、夜中に東から南の空に上っていくので、目にする機会は少ないかもしれません。

<26日目>

「二十六夜待ち」といい、月の出の時刻が遅くなるこの頃は、真夜中に月が出るのを待ちながら、飲み食いをして楽しんでいたようです。本来は月待講(つきまちこう)という信仰行事だったようです。

<30日目>

30日目は、その数の通り、三十日月(みそかづき)と言います。

月末を「みそか」と呼ぶのは、ここから由来しています。

またの名を、月が籠もることから、晦日(つごもり)とも言います。

12月31日は大晦日(おおみそか)ですが、大晦(おおつごもり)とも言い、晦とは、月が隠れる日=月隠(つきごもり)が訛ったものとされています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする