敬老の日は何歳から?

敬老の日毎年、9月の第3月曜日は「敬老の日」です。

国民の祝日に関する法律(祝日法)で、「多年にわたり社会につくしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う」日とされています。

敬老の日が制定されたのは、昭和41年ですが、当初は9月15日と固定された日でした。ところが、平成13年に祝日法が改正され、国民の祝日を曜日基準に変更して土曜・日曜・月曜と3連休を取りましょうという通称ハッピーマンデー制度の実施によって、平成15年から敬老の日は9月第3月曜日となりました。

ハッピーマンデー制度で曜日基準になった祝日は、敬老の日のほかに

成人の日 1月の第2月曜日

海の日 7月の第3月曜日

体育の日 10月の第2月曜日

と、合計4つあります。

敬老の日は「としよりの日」?

なぜ敬老の日がはじめは9月15日に決まったのでしょうか。

それは、昭和22年に兵庫県多可郡野間谷村(現:多可町)で行われた敬老行事をきっかけに、9月15日を「としよりの日」としようとする県民運動が開始され、それが社会福祉協議会によって全国に提唱されて広がっていきました。

ただ「としよりの日」というのは聞こえが良くないとして、昭和38年「老人の日」に変更され、さらには老人も良くないとして、昭和41年「敬老の日」と変更され名称が落ち着いたのです。

9月15日には聖徳太子が関係

9月15日にはもうひとついわれがあり、それは聖徳太子が関係しています。

聖徳太子は、大阪・四天王寺に「非田院(ひでんいん)」という現在でいうところの老人ホームを設立しました。「非田」とは「慈悲の心をもって貧苦病苦の人を救えば、福を生み田となる」という意味です。この設立日が593年9月15日だったのです。

60歳?65歳?

さて、敬老は、何歳からお祝いすべきなのかという問題があります。

かつては、長寿のお祝いは、赤ちゃんに還る意味と、魔除けの色が赤であることから、赤いちゃんちゃんこを着て「還暦」60歳でしていたものでした。しかし、現代の60歳はとても若々しく、とても“老人”には見えないがたくさんいらっしゃいます。

法的にも、祝日法では、敬老の日の対象年令は定められていません。

老人福祉法では、老人ホームへの入所などの対象が65歳以上、とされています。

国民年金法では、老齢基礎年金の支給は65歳に達したとき、とされています。

ただし、65歳を過ぎた方をひとくくりに老人とするのは無理があり、そう呼ばれたくない方も多いでしょう。あくまで目安、ご本人次第かもしれませんね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする