彼岸の入り 「後彼岸」とも呼ばれる「秋彼岸」

彼岸の入り単に「お彼岸」と言うと、春のお彼岸を指します。

対して秋は、「秋のお彼岸」、「秋彼岸」、あるいは春の彼岸のあとであることから、「後彼岸」とも呼ばれます。

秋分の日を中心にして(お中日(おちゅうにち)と言います)、前後3日を合わせ合計7日間がお彼岸です。

お彼岸の最初の日を「彼岸の入り」、

最後の日を「彼岸明け」と呼びます。

9月23日が秋分の日であれば、

9月20日が秋彼岸の入り

9月26日が秋彼岸明け となります。

秋彼岸の法要

秋彼岸には、お墓参りや法要をして先祖を供養します。

彼岸とは「彼方の岸」の略で、サンスクリット語で悟りの境地に達することを意味します。

浄土教では、阿弥陀浄土が西にあることから、太陽が真西に沈む秋分の日・春分の日に祈りを捧げると極楽浄土にいけるとされ、寺院では彼岸会(ひがんえ)と呼ばれる法要や法話などの行事が行われています。

彼岸会

彼岸会は、日本独自のものでインドや中国の他の仏教国にはないようです。

そのはじまりは古く、806年『日本後記』の書物に、「諸国の国分寺の僧をして春秋二仲月別七日に、『金剛般若経』を読ましむ」と、彼岸会に僧が読経したとの記述があります。これは、大伴家持が策画した藤原種継暗殺事件の主謀者として、淡路に流される途中絶命した崇道天皇(早良親王)の無念を鎮めるためであったとされます。

彼岸団子やおはぎ

秋のお彼岸のお供えで真っ先に思い浮かぶのは、彼岸団子やおはぎです。

本当はお供えする日にも決まりがあり、

彼岸の入りには、うるち米や米粉を練って蒸して小さく丸めた彼岸団子を、山形に盛って仏壇供えます。

お中日(おちゅうにち)は、おはぎを供えます。

彼岸明けには、再び彼岸団子を供えます。

ちなみに、もち米を丸めてあんこで包んだおはぎは、まったく同じものでも春分には、ぼたもちと呼びます。諸説あるようですが、おはぎはお萩、ぼたもちは牡丹餅とそれぞれ季節の花にちなんでいるとも言われています。別の一説には、粒あんでつくったものをおはぎ、こしあんでつくったものをぼたもちと呼ぶとされています。

彼岸花

この時期に咲く曼珠沙華(まんじゅしゃげ)の花は、サンスクリット語で天界に咲く赤い花という意味で、別名 彼岸花とも呼ばれます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする