GoogleマップとAppleマップ随分違う開発意図

GoogleマップとAppleマップ。

どちらもスマホには欠かせない地図サービスですが、その開発意図は随分違うような気がします。

GoogleとAppleで違うマネタイズに対する捉え方

現時点で、地図精度や使い勝手では「Googleマップ」の方の評価が高いです。現にiPhoneユーザーの人でも「Googleマップ」を使う割合が高いとのことです。

でも、Appleマップを使い続ける人の気持ちは、地図としての使い勝手だけで決まるものでは無さそうです。

どういうことかと言うと、

地図サービスに対するマネタイズの可能性に対する捉え方が、GoogleとAppleでは違うということです。

Googleは地図サービスはスマホの金脈と捉え、質の良い地図サービスを提供することで広告によるマネタイズを期待しているワケです。

一方、Appleは地図サービスを、広告のマネタイズではなく、Siriなどを通じたApple製品をより便利に使えるようにするためのサービスと思っている節があります。

それは、検索結果に広告を表示して利益を得てきたGoogleと、パソコンやスマホなどの製品提供を主軸にしてきたAppleの、企業の成り立ちの違いでもあるワケです。

日本でiPhoneユーザーが7割近いワケ

日本でiPhoneユーザーが7割近いのも、そのような「ユーザーにより便利なものを提供する」というAppleの開発意図を敏感に感じている人が多いから、と思うんです。

それが、「海外では7割がAndroidを使っているのに日本だけなぜ?」という疑問に対する答えとも思います。
※海外ではiPhoneは高級品との位置付けで、Androidは普及品との認識であることも要因ではあります。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする