長野県伊那市のふるさと納税に「ライザップ」 ん?

長野県伊那市は、ふるさと納税の返礼品として「ライザップ」のサービスや商品を提供することを始めました。


自粛要求まで出された「ふるさと納税制度」

全国のライザップジムで利用できる「シェイプアッププログラム16回(2カ月分)」や、健康関連のサプリメント、ダイエット関連書籍などが用意されるそうです。

返礼品競争が過熱しすぎて総務省から自粛要求まで出された「ふるさと納税制度」ですが、まだまだ止まりそうにないですね。

総務省は「資産価値の高い商品を取り扱わないよう全国の自治体に要請」しましたが、体験型消費はその範囲外ということでしょう。

高額所得者にとって魅力的な体験型消費のふるさと納税返礼品

高額所得者にとって、体験型のふるさと納税制度は魅力的に感じると思います。

なぜなら、コメとか高級牛肉などの所謂「モノ消費」は、高額所得者にとっては普段から消費しているし消費量にも限界があり、そんなに魅力がないからです。

このニュースを見て初めは「ん?」と思いましたが、これはこれで「有り」と思います。

総務省の要請に対応し、高額所得者にとって魅力的な体験型消費のふるさと納税返礼品は、これからも増えてくるのではないでしょうか。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする