日本で拡大するか?「アマゾン・ゴー」

アマゾン・ゴーとは、Amazonが実験を行っている小売スーパーのことです。

一見コンビニのようですが、従来のコンビニとは一線を画します。それは、レジがないことです。

レジに通すことも財布を取り出すこともなく万引きもない

レジもなければ、レジを打つ店員もいません。

どのように買い物をするかというと、スマートフォンを携えて入店し、ドアのすぐ近くにある専用の読み取り機器にスマートフォンをかざします。

あとは買い物かごに欲しい商品を放り込んでいくだけで買い物ができます。

レジに通すことも財布を取り出すこともなく買い物ができてしまいますので、万引きもありません。

欲しい商品を棚から取り上げた時点で、センサーが反応し買い物かごに入れた状態とみなします。

センサーの他には、カメラやディープ・ラーニングなどを駆使したテクノロジーが複雑に組み合わされてシステムが動いているとのことです。

スーパーのレジ待ちイライラが解消される

誰もが経験したことがあると思いますが、スーパーマーケットレジの長蛇の列に並ぶイライラ感は嫌なものです。

店員のレジ操作が極端に遅かったり、他のお客が商品についてレジで長々と質問をしていたり、支払いの際にクーポンや小銭をずっと探しているのを見るとイライラも増してきますよね。

でも、そんなイライラもアマゾン・ゴーによって無くなる日が来るかもしれません。

アマゾン・ゴーは小売業界の人間からすれば恐ろしい存在です。

もしアマゾン・ゴーが日本に上陸したら、その便利さから人気となりアマゾン・ゴーの店舗はどんどん拡大していくかもしれません。

コンビニももしかしたらアマゾン・ゴーに置き換わるかもしれませんし、コンビニ業界も潰れないように差別化を図る必要があります。

レジが必要なくなるので、これまでレジ係として働いていた人は仕事を奪われます。

アマゾン・ゴーが日本でもし拡大すれば、買い物が便利になる一方で、従来のコンビニやスーパーは多大な影響を受けることは目に見えています。

ヤマト運輸の料金体系が、アマゾンのあまりの荷物数の多さに見直され、値上がりして他の通販事業者を苦しめています。

同じ事がアマゾン・ゴーにより小売業界にも起きないとは限りません。

キャッシュレス化を後押し

ここでもう一つ見逃せないことがあります。

それは、アマゾン・ゴーによりキャッシュレス化が劇的に進むということです。

レジが無ければ現金決済もありませんので、アマゾン・ゴーが一般的になれば日本の現金主義もようやく終わりになるかも知れません。

一見関係ない動きも、こうして見てみると影響し合って世の中を変えていくんですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする