トヨタが従来型ガソリン車を2040年代までに廃止へ

いよいよというか、とうとうというか、トヨタが従来型ガソリン車を2040年代までに廃止すると発表しましたね。

燃料電池車やハイブリッド車などの開発を推し進めていたのでは?

今、開催されている「東京モーターショー2017」で、トヨタの安全技術責任者である伊勢清貴専務役員が記者会見でそのように語ったそうです。

トヨタは今までも、「2050年までにCO2排出を90%(2010年比較)削減する」という目標を掲げていましたが、ガソリンエンジンやディーゼルエンジンを全廃することには消極的と思われていました。

私も燃料電池車やハイブリッド車などの開発を推し進めるトヨタの姿勢を見て、当分内燃機関を全廃することは考えていないと思ってました。
というか、ガソリンエンジンを全廃しないでほしいとコッソリ思っていました。(^^;

実際、トヨタはそう思われても仕方ない発言を繰り返してきたからです。

フランスやイギリス、中国の動きが影響

世界的には「トヨタは純粋な電気自動車の開発にかけては最も動きの遅い自動車メーカー」と思われていました。

また、「燃料電池車やハイブリッド車など駆動装置の選択肢を広げることで世界各国の市場ニーズに答えるのが最善の戦略」とも発言してきました。

でも、2040年代までに内燃機関エンジンを禁止するというのは、フランスやイギリスが国策として目標にしましたし、今や自動車保有台数世界一の中国も同様の禁止措置を発表しました。

この動きにトヨタと言えども逆らえなくなったという事でしょうか。

ガソリンエンジンは消えてしまうのか・・・!!

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする