「高額療養費制度」で保険いらず?

日本の医療保険制度は優秀で、国民健康保険を中心とした公的医療保険制度は世界最高レベルと言われています。

特に凄いと思うのは「高額療養費制度」です。

高額療養費制度の仕組み

たとえば手術や入院費等で100万円程の医療費となった場合、自己負担分3割なので30万円程度の支払いとなるのですが、ここで登場するのが「高額療養費制度」です。

一定額を超えた分はあとで返ってきます。

また、入院が事前に分かっている場合は、役所に「高額療養費支給申請書」を提出して、「限度額適用認定証」を発行してもらい、病院窓口に提出すると一定額以上の支払いはなくなります。

この支払額は年収によって変わりますが、一般のサラリーマンであって年に3ヶ月間以上の高額療養費の支給があると、月額45,000円以上の支払いは無くなります。

「医療保険」よりも貯蓄が有利?

そうなると疑問に思うのが一般の「医療保険」です。
医療保険に入って、手術給付金や入院給付金をもらった場合、「医療保険に入って良かった!儲かった!」と思うのは早計です。

実は長年払い込んだ保険料よりも、給付金が上回ることはまずありません。
加入して間もなく給付金を受け取るというケース以外では、医療保険で儲かることはありません。

しかも給付金を受け取ってしまうと、年末の「医療費控除」で給付金を差し引いて申告する必要があるので、さらにマイナスになります。

そのような事をいろいろ調べると、医療保険に入るより貯蓄した方が有利と分かります。

医療保険に入ったつもりで毎月その金額を貯蓄して、100万円を目標に貯蓄しておけば、あとは「高額療養費制度」が支えてくれますので、一般の「医療保険」に入る必要がない、というのが結論です。

それでも不安な方は「都道府県民共済」がオススメ

ただ、「そう言われても保険に入っておかないと何だか不安」という方にオススメなのは「都道府県民共済」です。

実は、保険の専門家の多くは「医療保険」に入っていないという事実があります。
彼・彼女たち「保険のプロ」が多く入っているのが「都道府県民共済」です。

「都道府県民共済」の掛け金は月額2,000円ですが、割戻金があるので実質の月額は1,347円です。
その月額で入院保障日額1万円が、ケガは184日、病気は124日まで保証され、ケガでの通院保障も付いています。

さすがは保険のプロたちが選ぶ、コスパ抜群の保険です。
もちろん私もこれに入っています。

私は「都道府県民共済」の回し者ではありませんが、こういう保険もあるということです。(^^;

まとめ

まとめると、
「高額療養費制度」が支えてくれるので、一般の医療保険に入るより、その掛け金を貯蓄に回した方が有利。
それではどうしても不安という方は、都道府県民共済に加入しておけば、コスパ抜群で保証が受けられる。

どうぞご参考にしてください。

スポンサーリンク
レクタングル(大)




レクタングル(大)




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする